調査・診断 << BACK
大建設計は、建物の設計や企画に先立つ調査・診断を、プロジェクトを成功に導く不可欠な要素と捉え、設計業務で培った長年のノウハウを活かした総合力を発揮し、実施します。
企画段階調査・診断
地域特性、敷地特性、事業立地特性、類似例などの調査・診断を行います。また、敷地地盤調査、敷地測量調査、環境アセスメント調査など、
専門のコンサルタント調査会社への委託仕様書の作成やそれらとのネットワーク化(協同)を行う業務においても総合力を発揮します。
既存建物調査・診断、デューデリジェンス(建物評価)
耐震調査・診断
住宅性能評価

<< 耐震改修工事 設計事例 >>

在来工法
京都大学校舎:鉄骨ブレース
ブレースに角型鋼管を用いた例
和歌山県庁:鉄筋コンクリートラーメン
在来の鉄筋コンクリートでラーメンを構成
大阪北税務署:鋼棒ブレース
ブレースに高強度鋼棒を用いた例
京都工芸繊維大学校舎:鉄骨ブレース
ブレースに円形鋼管、ピン接合機構を用いた例
 
特殊在来工法
神戸学院大学校舎:鋼板内臓コンクリートブレース
ブレース、枠組みは鋼板をコンクリートで覆った部材
神戸学院大学校舎:プレキャストコンクリートラーメン
プレストレスされたプレキャスト材でラーメンを構成
尼崎市立中央中学校校舎:斜張橋方式
PC鋼棒を緊張した斜め材を使用
神戸学院大学図書館:制震ブレース
制震ダンパーを内臓したブレースを使用
 
<< BACK