廃棄物コンサルティング << BACK
大建設計は、昭和40年代はじめよりごみ焼却施設など中間処理施設の施設設計を行ってまいりました。
その豊富な実績、経験及び技術を基に、昭和51年より廃棄物コンサルタント業務に取り組み、廃棄物の適正処理の維持、推進に貢献してま
いりました。
今、我が国では、適正な3Rと処分により天然資源の消費を抑制し、環境への負荷を可能な限り低減させる「循環型社会」の構築に向けさ
まざまな取り組みが行われています。
大建設計では、約20年前に焼却施設の余熱を利用した街づくりの提案を行うなど、今後われらが目指すべき最先端のリサイクル・循環都市
への先鞭をつけました。
資源化施設、熱回収施設など廃棄物処理施設に関して、「基本構想」、「全体計画」、
「事業計画」、「設計(実施・基本・詳細)」、「工事監理」及び「施設保守管理」な
ど各段階で皆様のパートナーとしてのサポートをはじめ、廃棄物処理にかかわる多様な
事柄を通じ、「循環型社会」の実現に向け取り組んでいきます。
※3R:発生抑制(Reduce:リデュース)、再使用(Reuse:リユース)、再生
利用(Recycle:リサイクル)


□業務内容  
廃棄物処理基本構想策定   余熱利用施設企画。計画、設計
廃棄物処理基本計画策定   焼却施設解体計画、設計
中間処理施設計画設計   生活環境影響調査業務
技術評価   産業廃棄物処理施設計画策定
施設整備交付金等申請補   産業廃棄物処理施設設置等申請
中間処理施設建設施工監理   施設リニューアル計画、設計、監理
周辺環境整備計画設計   廃棄物処理PFI関連検討、調査、計画
処理施設耐震診断、補強設計   環境アセスメント調査
<< BACK